iPad1台で配筋検査を簡単に
3D配筋検査システムModely

令和5年度インフラDX大賞においてスタートアップ奨励賞受賞

ModelyはLiDAR付きのiPad等を活用することで点群データを取得し、その点群データを3Dモデルに変換することで、配筋検査における検査項目の実測値を自動で帳票化することが可能です。デジタルデータを活用した鉄筋出来形計測の実施要領(案)に準拠しており、導入実績も豊富です。

ご活用いただくことで配筋検査の工程の大幅削減や施工性の向上等を実現すると共に、3次元データの強みを活かしてダブル配筋や環状フープ筋のモデル化、かぶり厚の計測も可能であり、生成したモデルを将来的な構造物の維持管理にも活用できます。


80社以上の利用実績!


JR東日本マーク
JR東海
logo-a_normal_yohaku
図植木横-感動入
英文カラー_(技工団ロゴ)
木内ロゴ
佐々木建設 ロゴ
清水建設ロゴ
コーポレートブランドロゴ&社名ロゴ(株あり)&タグライン
ロゴマーク1-A_カラー
Fujita_シンボルマーク_ロゴのみ_透過
古郡建設ロゴ2_DIC161 横長グレー文字Ver
大林組ロゴ
加和太ロゴ(スローガン入り)
英ロゴ01
大鉄工業ロゴ
田中組ロゴ
西松のロゴ
屋部土建ロゴ
会社ロゴ-1
□りんかい日産建設

概要


iPad1台で配筋検査業務の約8割の作業時間削減を実現!

省力化効果画像
名称未設定のデザイン (8)-1

Modelyを使用すると、従来手法での配筋検査業務と比較して、約4割のコスト削減と約8割の作業時間削減を実現することが可能になります。また、デジタルデータを活用した鉄筋出来形計測の実施要領(案)に記載されている検査項目や精度に準拠しており、直轄工事はもちろん、都道府県発注工事でも利用実績があります。

(※1)年50回の配筋検査を想定し、労務費や移動経費から算出
(※2)従来の自主検査、マーキング、写真撮影、立会検査等の作業時間と、Modelyを利用した場合の作業時間から算出


国交省との取り組みや表彰

中部地整ニーズシーズマッチング
賞状

Modelyは令和4年度に実施された中部地方整備局の現場ニーズと技術シーズのマッチングにて採択され、現場試行にて精度検証などに取り組んだ結果、従来技術より優れるという評価をいただきました。その後九州地方整備局、中国地方整備局でのインフラDXセミナーの実施なども行ってまいりました。実現場での利用についても実績が多くなってきたこともあり、国交省主催で行われた令和5年度インフラDX大賞にてスタートアップ奨励賞を受賞しております。

【参考】
ニーズと技術シーズのマッチングの現場試行結果
令和5年度インフラDX大賞

精度検証結果の資料については以下のボタンよりお申込みいただくことでご覧いただけます。

Modelyによる計測の手順


1.点群データの取得

LiDAR付きのiPad等にPIX4DcatchやScaniverseといった点群取得アプリをインストールいただき、検査箇所について撮影していただきます。

撮影範囲としてはPIX4Dcatchの方が、Scaniverseより広範囲です。

 


2.点群データのモデル化


取得した点群データについてModely上にアップロードしていただきます。

アップロードされた点群データについてModelyで領域指定をすることで、3Dモデルを作成します。

 

 

 

 


3.帳票の作成


3Dモデル生成後は、自動で帳票を作成することが可能です。設計値を入力することで、設計値と実測値の比較や合否判定まで出力することが出来ます。

 

 

 

 

 

Modelyのデモ画面について、以下のボタンよりお申込みいただくことでご覧いただけます。

Modelyの機能


ダブル配筋の計測

ダブル配筋モデリング前
ダブル配筋モデリング後

Modelyは取得した点群から領域指定により3Dモデルを作成して検査項目を自動計測します。そのため、ダブル配筋のような2段になっている配筋についても、手前と奥の配筋をそれぞれ領域指定することで計測が可能です。


かぶり厚の計測

かぶり厚の検査 (1) - frame at 0m44s
かぶり厚の検査 (1) - frame at 1m45s

Modelyは平面の3Dモデルを作成することが出来ます。そのため、型枠や床面からのかぶり厚については、型枠や床面の平面の3Dモデルを作成することで計測が可能です。


鉄筋かごの計測

杭1
杭のスクショ

鉄筋かごのような円周上に並んだ鉄筋についても領域指定を行うことで計測が可能です。また、フープ筋の計測についても対応しています。


土木施工管理システム「EX-TREND武蔵」との連携

main-1

福井コンピュータ株式会社の提供するEX-TREND武蔵で、入力した設計値をModelyにインポート出来るだけでなく、Modelyで計測した実測値を元に、EX-TREND武蔵の「出来形管理プログラム」を用いて出来形管理図表作成までをワンストップで完了していただくことが可能です。

その他、2点間距離の計測、継手長の計測、設計図面アップロード機能、画像アップロード機能など様々な機能を実装しております。詳細資料が欲しいという方は以下のボタンよりお申込みください。


ブログ記事


点群取得アプリ PIX4DcatchとScaniverse比較

点群データ vs 写真 : 配筋検査システムの比較検証

スクリーンショット 2024-05-14 20.31.00

記事概要

  • 鉄筋コンクリート構造物の配筋検査を効率化する方法の1つとして、3Dデータの活用があります。
  • 本記事では、点群を取得するアプリであるPix4D (PIX4Dcatch+PIX4Dcloud)とScaniverseの特徴や精度検証を紹介します。
  • 精度検証は、それらのアプリで取得した点群をもとに、3D配筋検査システムModelyで作成した3Dモデルを用いて行いました。
名称未設定のデザイン (8)-1

 

記事概要

  • デジタルデータを活用した配筋検査システムには、大きく分けて点群データを活用するシステムと写真データを活用するシステムの2種類があります。
  • 本記事では、配筋検査システムの特徴について、現場施工性(撮影デバイス、撮影範囲、天候や足場など現場状況の影響の有無)汎用性(測定できる工種)の2つの視点から紹介しています。                                             

デジタルデータを活用した鉄筋出来形計測の実施要領(案)に基づく施工計画書の書き方

配筋検査システムにおける精度検証とModelyの精度について

image-png-3
histogram_error_ratio_cad_wo_cover_distance

記事概要

  • 配筋検査システムを使用する際には、『発注者との事前協議』と『施工計画書の準備』が必要です。
  • 本記事では、3D配筋検査システムModely(以下:Modely)を用いた場合の鉄筋出来形計測における協議内容と施工計画書について整理しています。
  • 本記事から、Modelyを利用する場合に事前協議で必要となる書類のテンプレート等をダウンロードしていただけます。

記事概要


配筋検査システムModelyでの作業時間比較と費用対効果

点群データを用いた3Dモデルの活用事例

省力化効果画像
スクリーンショット 2024-06-07 090026

記事概要

  • 配筋確認については、複数人での作業が必要なことや帳票作成に時間がかかるなど、省力化が望まれている業務です。国土交通省のi-Construction 2.0の中でも、2024年度の取組の一つとしてデジタルデータを活用した配筋確認の省力化が明記されるなど、配筋検査システムには注目が集まっています
  • この記事では、従来方法の配筋検査と3次元配筋検査システムModelyを使用した場合の配筋検査を比較し、作業時間削減効果や費用対効果などを解説しています
  • 中部地方整備局との現場ニーズと技術シーズのマッチング事業における現場試行の結果や、Modelyを導入したお客様の事例を効果の根拠として紹介しています
  • Modelyを使用することで、約80%の作業時間削減効果、約40%の費用削減効果を得ることが可能です。その他、品質、安全性、施工性、拡張性についても高い評価をいただいています。

記事概要

実施予定のイベント


名称未設定のデザイン (6)-1
20240216ウェビナー告知 (2)

Modelyの最新機能についてのご紹介ウェビナーについて実施予定です。

Modelyの基本機能について解説しているウェビナーについて
アーカイブ配信をしております。


アーカイブ動画公開中

Modelyユーザーイベントで行われた、国土交通省やJR東日本といった発注者の講演や、Modelyユーザーの活用事例発表のアーカイブ配信をしております。



推奨するデバイススペック

デバイス 2020/2021 iPad Pro
OS

Windows 10 (64ビット)以降
MacOS10.15以降
iPadOS 16.3以降

メモリ 8GB以上
ウェブブラウザ Google chrome

※上記は推奨環境であり、これを下回っても動作は可能です。

Modelyの操作マニュアルなど、詳細情報を確認したいという方は、以下のヘルプセンターのボタンよりお申し込みください。

また、今後開発予定のModelyの機能について知りたい方は以下の機能開発ロードマップよりお申込みいただくことでご確認いただけます。

お問い合わせ


logo_01